My Photo

MY HOMEPAGE

  • R island

森人 Life for SP

  • morincyu

スノーシュー

March 15, 2014

スノーシュー〆@霧が峰その2

翌朝、山独特の空気に目が覚める。

窓を開けると美しい霧氷が。

140314_14

朝食をいただき、ランチの予約も。

140314_15

インタープリターのオーナーにコース情報を教えてもらい、出発。

鎌ヶ池から物見石・蝶々深山に登るコースへ。

140314_16

夜から明け方にかけて野生動物たちが遊んだ跡があちらこちらに。

140314_17

旧御射山や神社を回り、宿へ戻る。

140314_18

ランチのカレー、このシャビシャビが美味い。

140314_19

そしてデセール。

140314_20

中には、完熟バナナ・巨峰のレーズン・香ばしい胡桃・・・。

140314_21

〆のスノーシューを堪能し、家路へ。

帰りは双葉SAにて本日のディナー「峠の釜飯」を購入。

140314_22

おまけにもらった「おぎのやオリジナルミトン」

140314_23

キャンプ用にしよう!

March 14, 2014

スノーシュー〆@霧が峰その1

今シーズンは大雪の影響で2回もスノーシューが中止になってしまい、3回目にして〆。

〆のロケーションは、昨年同様の霧が峰(八島ヶ原湿原)。

ヴィーナスラインは冬季通行止めで、ビジターセンター駐車場も閉鎖なので、行き止まりのスペースに駐車。

140314_01_2

昨年は雪がほとんどなかったのだが、今年はたっぷり。(2日前まではもっと積もってたらしいが)

八島ヶ原湿原。

140314_02

鷲ヶ峰(1,798m)。

140314_03

車山(1,925m)。

140314_04

歩き出すとすぐに動物の足跡。

140314_05

鎌ヶ池の小屋前でランチ。

140314_06

「MSR WhisperLite Universal」はいい仕事をしてくれる。

140314_07

八島ヶ原湿原越しの、本日のお宿「鷲ヶ峰ひゅって」。

140314_08

この坂を登れば、味のある山小屋が。

140314_09

お風呂に入り部屋でくつろいでいると、ディナーの時間に。

ここはオーべルージュ、小さなコース料理が楽しめる。

まずは、生ハムの前菜。

140314_10

トマトスープ。(これは昨年と同じかな)

140314_11

そしてサラダがあり、メインはビーフシチュー。(これも昨年と同じ)

140314_12

最後に紅茶とデセール(デザート)。

140314_13

食後は暖炉前のあるライブラリーで山関連の書籍や雑誌を読みながらゆっくりとした時間を楽しむ。

140314_24

February 22, 2014

スノーシューイング@日光湯元 -2日目-

2日目は金精の森コースへ。

140221_08
まずは白根山登山口へ。

140221_09

大雪のあと晴天が続き、あちこちで雪崩が発生しているらしい。

140221_10

途中、冬季閉鎖の金精道路のすぐ下に。

ここら辺は危険地帯らしい。。。

ずっと続いた登りも終わり、ここからは下り。

140221_11

しばらくしていいロケーションがあったので、ランチタイム。

今回のシューイングで実践デビューの「MSR WhisperLite Universal」はいい仕事をしてくれる。

140221_12

氷点下の中でも倒立で液状ガスを利用すれば更にパワーアップ。

2日間のスノーシューを満喫し、家路へ。

帰りは第1いろは坂も開通し、スムーズに下界へ。

途中、野生の小鹿がガードレールからこちらを覗いているではないか!

140221_13

近づくとすばやく逃げて、またこちらを見ている。。。

今回は、新たなコースの発見でき、野生の猿や鹿と出会え、楽しいシューイングになった。

February 21, 2014

スノーシューイング@日光湯元 -1日目-

2週連続の大雪でスノーシューが流れてしまったが、今週末は絶好のスノーシュー日和。

しかし、いろは坂は交互通行。

140221_01

ここで50分待ちとのこと。。。

ようやく登りの番となり、先導車に続いてゆっくりと。

まずは昨年歩けなかった光徳牧場周辺のコースへ。

140221_02

光徳沼から戦場ヶ原へのコース。

140221_03

光徳沼へ戻るとくっきりとした足跡を発見!

140221_04

ん、、、これは類人猿?!

140221_05

周りを見渡すと、その足跡の主を発見・・・おさるです。

おさる達を見ながら珈琲ブレイク。

140221_06

その後、光徳牧場北側の森へ。

140221_07

そして、1日目を終えホテルへ。

January 27, 2014

2014スノーシューSTARTの後始末

銀世界に行くと、車がめっちゃ汚れる。

140127_04
早めに帰れたので、すぐに洗車。

140127_05
さっぱり!

2014スノーシューSTART(3日目)

2014年のスノーシューSTARTも楽しく終わり、帰りに「白糸の滝」の氷瀑を見に行くことに。

カチコチに凍っている道。

140127_02
足元は、ソレルのスノーブーツ+MONSTERGRIPでバッチリ。

140127_01
あれれ、あまり凍ってませんねぇ~。

140127_03

January 26, 2014

2014スノーシューSTART(2日目)

2014スノーシュースタート2日目は、浅間高原スノーシュー天国asparaへ。

今日は気温は低く雪の予報も出ているのだが、ここもやはり雪は少ないようだ。

140126_02
天丸山まで行くのは断念し、戻ることに。

140126_03
ここもクマ出没注意。

嬬恋に戻りバラギ湖周回コースをシューイングすることに。

バラギ湖に到着する頃には、激しい吹雪に。

ちょうど昼時なので、無印キャンプ場に避難しランチをとりながら様子見。

ランチを食べ終わる頃には、風も弱まったのでいざ出発!

140126_04
こちらは粉雪状態。(ちょっと重めだが)

140126_05
昨年は川周辺に足跡を多数発見したのだが、吹雪いたせいか足跡はほとんどない。

ここもクマ出没エリアなのだが、コースにはこんなものが!

140126_06
ちょっとリアル。

吹雪いたせいもあり、足跡ひとつない粉雪のスノーシューイングが楽しめた2日目だった。

January 25, 2014

2014スノーシューSTART

2014年のスノーシュースタートはやはりここ。

140125_01
我スノーシューライフのスタート地点なので。

そしてスタート日も昨年同様わかさぎ釣りの解禁日に。

昨年と違い今年は風もなくあたたかいので、わかさぎ釣り日和かな。

140125_08
ただし、スノーシューをするには気温が高過ぎ。

ここに到着する寸前まで道路に雪はほとんどなく、ノーマルタイヤでもいいくらい。

いよいよ2014年の第一歩。

まずはキャンプ場内のコースへ。

雪は少なく、融けかかっている。。。

140125_04
いきなりうさぎの足跡を発見!

140125_05
これは別の足跡。

140125_06
指の跡までくっきり。

足跡や排泄物には遭遇するのだが、生きた野生動物には未だ遭遇できず。。。

今年から投入したヒップボードで第1日目を〆る。

140125_09
スノーシューコースでも下り坂ならこれでOK!

本日のホテルも昨年同様「軽井沢1130」。

140125_10

March 16, 2013

スノーシュー納め@霧が峰④

鷲ヶ峰ひゅってから直接八島湿原へアクセスできると聞き、そのルートに。

昨日登った急斜面の上に鷲ヶ峰ひゅってはあるのだ。

130316_04

ここから鹿柵に沿って下っていくと広場に出ることができるのだ。

130316_05

今日の八島湿原。

130316_06

ランチまでの間、動物シグナル探索へ。

130316_07

今日は土曜日なので、鷲ヶ峰にも登山者が。

130316_08

おっと!これはウサギの糞ですかぁ~!!

130316_09

今回も足跡と糞のみ;;

さて、ランチを食べに鷲ヶ峰ひゅってに戻ろう。

130316_10

これも美味い!

これをもって今シーズンのスノーシューイングは〆。

スノーシュー納め@霧が峰③

山小屋の寒さに起こされ、窓を開けるとちょうど山から朝日が!

130316_01

そして、朝食。

ベーコンとスクランブルエッグ、チーズに生野菜。

130316_02

そして、焼きたてのパン。

130316_03

クロワッサンがちょっと焦げているけど、美味しい。

これでチェックアウトなのだが、ランチのカレーも気になったので、ランチの予約をしてチェックアウト。

<つづく>

コーヒータイム


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ
April 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ